ソフトバンクエアーとドコモ光はどちらがお得?工事費・月額料金・速度など7項目を徹底比較!

ソフトバンクエアーとドコモ光はどちらがお得?

 

工事費無料
+
キャッシュバックCP中!

今月の
最新キャンペーンはこちら




ドコモ光を実際に使って
メリット・デメリットをレビューしました


 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

この記事ではソフトバンクエアーとドコモ光の二つのネット回線を比較していきます。

 

 

ソフトバンクエアーはソフトバンクが提供するインターネットサービスであり、ドコモ光はNTTドコモが提供するサービスです。

 

どちらも大手企業が提供する光回線ですが、ソフトバンクエアーは工事の必要がないなど他のサービスにはない特徴があります。

 

 

比較の中でそれぞれのサービスの特徴が見えてきます。

 

記事では料金や速度など7つの項目で比較するのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

キャッシュバック+dポイントプレゼントCP中!


 

ソフトバンクエアーとドコモ光の比較① 回線事業者

 

ソフトバンクエアー ドコモ光
回線事業者 ソフトバンク NTT

 

インターネットを構成する光ファイバーなどの回線を提供するのが回線事業者です。

 

ソフトバンクエアーではソフトバンク、ドコモ光ではNTTが回線事業者であり、インターネット接続に不可欠な設備を提供しています。

 

 

ソフトバンクエアーとドコモ光の比較② プロバイダ

 

ソフトバンクエアー ドコモ光
プロバイダ プロバイダ契約不要 タイプA、タイプBの26のサービスから一つを選択

 

通常、インターネットの接続にはプロバイダの契約が必要ですがソフトバンクエアーの場合は不要です。

 

これはソフトバンクエアーがスマートフォンなどと同じ電波でインターネットに接続を行っているからであり、回線事業者との契約のみでインターネットが使用できるのです。

 

 

ドコモ光ではタイプA、B合わせて26のサービスから一つのプロバイダを選択します。

 

タイプにより月額料金が異なることを覚えておきましょう。

 

 

ソフトバンクエアーとドコモ光の比較③ 回線

 

ソフトバンクエアー ドコモ光
回線 ホームルーター 光コラボ

 

ソフトバンクエアーの回線はホームルーターであり、ドコモ光は光コラボレーションモデルです。

 

 

ホームルーターは、スマホなどのように基地局から電波を受けて、他機器をWi-Fi接続するための屋内用ルーターです。

 

光コラボはNTTから回線を借り受けた各事業者が独自のサービスを付けて光回線を提供するサービスです。料金が安くなるのがポイントです。

 

ソフトバンクエアーとドコモ光の比較④ 料金

 

契約にかかる手数料や月額料金をセット割引も踏まえて比較していきます。

 

契約手数料

 

ソフトバンクエアー ドコモ光
契約手数料(税抜き) 3000円

新規契約:3000円

 

転用:3000円

 

契約手数料はソフトバンクエアーで3000円、ドコモ光でも新規契約、転用ともに3000円です。

 

基本的に割引などのサービスはないので必ずかかる料金だと覚えておきましょう。

 

 

工事費(最大の場合)

 

ソフトバンクエアー ドコモ光
工事費(税抜き) 工事不要 最大18000円今なら工事費無料キャンペーン中

 

ソフトバンクエアーは特別な工事が必要なく、コンセントにルーターをつなぐだけで利用できます。

 

ドコモ光は工事費最大18000円がかかりますが、現在は工事費無料キャンペーン中です。

 

 

月額料金

 

ソフトバンクエアー ドコモ光
月額料金(税抜き)

個品割賦購入の場合:4880円

 

レンタルの場合:5370円

マンションタイプA4000円
マンションタイプB4200円

 

戸建タイプA5200円
戸建タイプB5400円

 

ソフトバンクエアーは本体(Airターミナル)を割賦で購入した場合の月額料金が4880円、レンタルで利用する場合が5370円です。

 

ドコモ光ではタイプAのマンションタイプが4000円、戸建タイプが5200円であり、タイプBの場合はそれぞれ月額200円高くなります。

 

 

セット割引

 

おうち割光セット ドコモ光セット割
セット割引の内容(税抜き) ソフトバンクスマホとのセット利用の際、通話基本プラン、データ定額50GBプラス/ミニモンスターで1000円/月割引(2年間) ドコモスマホとドコモ光のセット利用によりベーシックパック(~5GB)の場合、800円/月割引

 

ソフトバンクエアーにはソフトバンクスマホとのセット割引、ドコモ光にはドコモスマホとのセット割引があります。

 

 

ソフトバンクエアーのおうち割光セットでは通話基本プランとデータ定額ミニモンスターをセット契約した場合で月額1000円が2年間割り引かれます。

 

ドコモ光ではドコモスマホのベーシックパック(~5GB)で月額800円の割引を受けることが可能です。(ドコモ光セット割)

 

 

月額料金はどちらが安い?

 

※ドコモ光についてはプロバイダにGMOとくとくBBを契約した場合

 

<戸建住宅>

おうち割光セット ドコモ光セット割
光回線代(税抜き) 個品割賦購入4880円 5200円
スマホ代(税抜き) 通話基本プラン(2年契約)1500円+データ定額ミニモンスター3GB5980円 6280円(シンプルプラン、ベーシックパック~5GB)
セット割(税抜き) -1000円 -800円
合計 11360円 10680円

 

ドコモ光が戸建住宅タイプの場合の料金はソフトバンクエアーのほうが高くなっています。

 

スマホ料金の差が大きく影響しているようですね。

 

 

<集合住宅>

おうち割光セット ドコモ光セット割
光回線代(税抜き) 個品割賦購入4880円 4000円
スマホ代(税抜き) 通話基本プラン(2年契約)1500円+データ定額ミニモンスター3GB5980円 6280円(シンプルプラン、ベーシックパック~5GB)
セット割(税抜き) -1000円 -800円
合計 11360円 9480円

 

集合住宅タイプの場合、ドコモ光の料金はさらに安くなりソフトバンクエアーとの差は大きくなります。

 

スマホ料金はデータ容量が同程度でもソフトバンクのほうが高く見えますね。

 

 

ソフトバンクエアーとドコモ光の比較⑤ 契約期間

 

ソフトバンクエアー ドコモ光
契約期間 2年間 2年間

 

最低利用期間に当たる契約期間はソフトバンクエアー、ドコモ光ともに2年間です。

 

通常、契約から2年後に自動更新されますが、そのタイミング以外で契約をやめると次に記す解約金が請求されます。

 

 

解約金

 

ソフトバンクエアー ドコモ光
解約金(税抜き) 9500円

マンションタイプ:8000円

 

戸建タイプ:13000円

 

ソフトバンクエアーの解約金は9500円であり、ドコモ光はマンションタイプの解約金が8000円、戸建タイプで13000円です。

 

どちらもかなりの高額ですね。

 

 

ソフトバンクエアーとドコモ光の比較⑥ 回線速度

 

ソフトバンクエアー ドコモ光
回線速度

最大350Mbps(一部エリアのみ)

 

※さらにごく一部のエリアでは962Mbps

最大1Gbps

 

回線速度はソフトバンクエアーが最大350Mbps、ドコモ光が最大1Gbpsとドコモ光のほうが圧倒的に早くなっています。

 

 

ソフトバンクエアーとドコモ光の比較⑦ エリア

 

ソフトバンクエアー ドコモ光
エリア

全国対応

全国対応

 

対応エリアはソフトバンクエアー、ドコモ光ともに全国47都道府県です。

 

地域によっては稀に対応していないエリアもあるので契約前にしっかり確認しましょう。公式サイトからも簡単にチェックできますよ。

 

 

ソフトバンクエアーとドコモ光の比較結果 どちらを選ぶべき?

 

ドコモのスマートフォンユーザーや通信速度にこだわる人にはドコモ光がおすすめです。(⇒ドコモ光のお得な申し込み先はこちら)

 

ソフトバンクのスマートフォンのユーザーや工事が面倒な人はソフトバンクエアーを検討するといいでしょう。端末をつなぐだけで使えるソフトバンクエアーは急いでいる人におすすめです。(⇒ソフトバンクエアーのお得な申し込み先はこちら)

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る