NURO光はなぜ安いのか

NURO光はなぜ安いのか解説!

 

2020年11月現在の最新キャンペーンはこちら

 

 

光コラボでもフレッツ光より安い月額でサービス提供することは可能です。

 

回線をNTTが提供するだけで、料金設定は各社に任されているからです。

 

しかしそれを上回る安さで、NURO光は提供されています。

 

なぜこの月額が可能なのでしょうか。

 


 

ダークファイバーを使っているから、NURO光は安い

 

ダークファイバーとは、敷設されている光回線の中で、使われていない部分の回線を言います。

 

回線を自前で引いている事業者を回線事業者と呼びますが、

 

日本では、回線事業者は数社しかありません。

 

 

主な回線事業者としては

 

NTT、KDDI、Acca、YahooBB、イーアクセス

 

などがあります。

 

 

光回線の回線事業者として有名なのはやはりNTTとKDDIですね。

 

KDDIは自社サービスとして、auひかりを提供していますが、他事業者への回線貸し出しは行っていません。

 

NTTは自社サービスとしてフレッツ光を提供しながら、

 

他事業者へも回線貸し出しを行っています。

 

それが2015年から提供開始した『光コラボレーションモデル』、通称『光コラボ』です。

 

光コラボの詳しい解説は、トップページの「光コラボとは?」に記載しています。

 

光コラボとは?

 

 

簡単に言うと、光コラボとはNTTの光回線を他事業者へ貸し出し、借りた事業者がその光回線を使って自社サービスを提供出来るという、光回線の卸売りのような事業モデルです。

 

回線自体はフレッツ光で使用しているものと同一ですので、品質や回線速度もフレッツ光と同じです。

 

但し、回線以外のサービス内容(オプションや月額料金など)は借り受けた事業者に任されているため、フレッツ光よりも多彩なオプションを提供したり、月額料金をフレッツ光より安く設定したりということが可能です。

 

それが光コラボの特色であり、メリットです。

 

現在は光コラボを利用して光回線を提供している事業者が多数あります。

 

それぞれ特色を打ち出したサービスを提供しています。

 

各事業者のサービスの違いや評判などについては別途解説します。

 

 

ここでNURO光がなぜ安いのかという話に戻りますが、

 

その理由は光コラボの回線とNURO光回線の差を考えればよく解ります。

 

 

結論的には冒頭で述べた通り、『ダークファイバーを使っているから安い』ということです。

 

光コラボもダークファイバーもNTTから光回線を借りているということは同じです。

 

しかし、もう既に開通している回線を借りる(光コラボ)のと、使われていない回線を借りる(NURO光)のでは、NTTに支払う料金がかなり違うようです。

 

光コラボでの回線貸借にかかる費用は分かりませんでしたが、

 

NURO光がNTTのダークファイバーを借りるのに支払う費用は、1kmあたりの光ファイバー1本で月額10万円程度で、

 

フレッツ光回線に比べてかなり安いようです。

 

NURO光が安い理由の最たるものは、ダークファイバーを使用していることにあると言って良いでしょう。

 

その他にも、NURO光が安い理由として挙げられるものがあります。

 

 

光回線事業者とプロバイダを兼ねているから、NURO光は安い

 

So-netが光回線事業者とプロバイダーを兼ねているため、間に業者が入ることなく、

 

余計なマージンがかからないということも、NURO光が安く提供出来る理由の一つです。

 

So-netは元々プロバイダーとしてフレッツ光の提供などを行っていましたが、

 

なぜプロバイダーとしてではなく、『回線事業者』としてNURO光を立ち上げたのかということにつながってきますが、

 

NTTのフレッツ光の回線を借りてプロバイダー事業を行うだけでは、サービス提供価格を安くすることや回線速度を上げることに限界があり、
とにかく安く!とにかく速く!というユーザーの要望に応えるためには、
プロバイダーも回線事業者も自前でやるしかないというのが、NURO光を立ち上げる根本の考えであったようです.

 

回線事業者として安くて速い光回線を実現するために、

 

  • ダークファイバーを使う
  • GPONにBPONを応用(後述)
  • ONUまで一貫して開発

 

というとことんまで拘ってサービスを提供しています。

 

 

So-netにプロバイダー経営のノウハウがあるから、NURO光は安い

 

So-netはフレッツ光のプロバイダー事業や、光コラボの提供事業者でもあり、

 

これまで長年に渡ってプロバイダー事業に携わって来ました。

 

そこで蓄積してきたノウハウがあるため、コスト削減などに一日の長があると、NURO光開発者のインタビューで答えていました。

 

 

GPONにBPONのノウハウを活かしたから、NURO光は速くて安い

 

GPONやBPONについてはトップページで解説しています。

 

簡単に言うと、GPONという通信方式を使うことによって、NURO光は下り最大2Gbpsという世界最速インターネット回線を実現していますが、

 

通常は高コストなGPON技術に、安価なBPON技術を転用することで、コスト削減まで実現し、

 

世界最速でありながら驚く程安い月額料金での提供を可能にしています。

 

 

以上、NURO光がなぜ安いのか、その理由をまとめると

 

 

ダークファイバーを使っていること

 

So-netが回線事業者とプロバイダーを兼ねていること

 

So-netにプロバイダーとしての蓄積されたノウハウがあること

 

GPONにBPON技術を活かした

 

 

という点が挙げられました。

 

NURO光は現在のところ提供エリアが関東・東海・関西・九州(福岡県/佐賀県のみ)限定ですが、提供エリア内であれば間違い無くベストな光回線です。

 

 

世界最速インターネット回線 【NURO光】 おすすめの申込み先

絶対に損しない!オススメのNURO光キャンペーンランキング





NURO光は北海道・関東・東海・関西・九州エリアで利用できます!



NURO光でモバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)のレンタルサービス開始

2018年7月30日から、公式サイト(NURO光公式特設サイト)からNURO光を申し込んだ方限定で、モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)を割引料金でレンタルできるサービスが開始されました。


無料ではありませんが、通常よりもかなり安い料金で、さらに期間も1日単位~選べるので、NURO光の申し込みを検討している方にとっては嬉しいサービスです!


このサービスを使えば、NURO光の開通まで時間がかかってしまっても、インターネットを使えない期間を無くすことができますので、NURO光を申し込みたいけど、開通まで時間がかかるのが心配という方にオススメです。


詳しくはこちらをご覧ください



今なら4.5万円キャッシュバックキャンペーンを実施中!




すべてのキャンペーンを比較して選んだ、オススメのNURO光キャンペーン(申込み先)は下記のとおりです!



2020年11月の最新キャンペーン内容で比較しています!



NURO光 キャッシュバック額ランキング


NURO光公式特設サイト

NURO光キャッシュバックキャンペーン(NURO光公式)

NURO光公式特設サイトはこちら



公式特設サイト独自キャンペーン

 


  • 4.5万円キャッシュバック ※ネットのみ/ネット+でんわのどちらでも

キャッシュバック受け取りは開通から4ヶ月後⇒2ヶ月後に短縮!



NURO公式キャンペーン

 


  • 工事費実質無料(工事費と同額を30ヶ月で割引)

  • (ケータイもソフトバンクに乗り換えで)他社違約金還元(950円×10ヶ月 ソフトバンクケータイ料金から割引)※ネット+電話申し込みの場合 ※税抜

  • So-net設定サポートサービス(訪問サポート/遠隔サポート)が1回無料


NURO光公式特設サイトからの申し込みなら、モバイルWi-Fiルーターを割引料金でレンタルできるサービスを実施中です!


※モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスについてはこちらをご覧ください




 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る